「新しい車の装備、こんないいの?」友人に聞いたら、嬉しそうに教えてくれました。「いや、前の愛車が思ったより高く売れたから・・・」

新車購入もっと安く!優先ポイントは...

新車購入の交渉、やり方一つで数万円~数十万円の差が出ます。 でも、ただやみくもに動いても骨折り損です。

効果が出にくいところに無駄な力を使わずに、効果が出やすいところを攻めるのが賢いやり方です。

近頃登場した、初めての人にも、忙しい人にも評判で利用者100万人の秘密兵器もご紹介したいと思いますが、まずは概要から。

新車購入時の交渉を整理して考えると・・・
(1)購入するクルマの値引き交渉
(2)愛車の下取り額の交渉
(3)諸費用のサービスの交渉
(4)オマケやオプションのサービス
(5)減税・補助金など
の5つです。 この5つはきちんと区別して考えるようにしましょう。

この5つがゴチャゴチャのままだと、なんとなく得した気分にされて、実は損していた(もっと安く新車を買えた)ということも。

それぞれは、別物と考えて交渉するようにしたいです。

(1)購入するクルマの値引きについて

クルマの値引き交渉の基本は、複数の販売店を比較し、また比較している事を伝え、値引きを競ってもらうことです。

プロの営業マンに、交渉術だけで挑戦するより簡単で確実です。 多少手間はかかりますが、試乗も兼ねて見積をもらいながら幾つかの販売店を回ってみましょう。

同じ車種の販売店が近くに複数ない場合には、同クラスのライバル車で見積をもらってみるといいでしょう。 ライバル車を試乗して見ると、違った気づきもあるかもしれませんしね。

交渉の際はそれぞれの販売店で、「○○の販売店さんは○○万円値引きしてくれるけど・・・」という前置きで話せば、それ以上の値引きを引き出せる可能性もあるでしょう。

とはいえ、ご存知かもしれませんが、新車の値引きってある程度決まっていて、極端な数字を引き出すのは難しいかもしれません。

近頃の環境なら「購入する新車の値引き」より「愛車を高く売ること」のほうが簡単に大きな効果が得やすいかもしれません(愛車の下取りは次にお話します)。

営業マンに「私はこの値段でこのクルマを売ったことがない」と言わせるような武勇伝的な値引きは、販売店で売り急ぐ理由がない限りは難しいです。

ちなみに時期を選ぶとすれば、決算の期末となる3月や9月、また月末などは狙い目かもしれませんね。 販売店が1台でも多く売りたいと焦っているときが狙い目です。

(2)愛車の下取りを高く

愛車の下取りを、クルマを購入する販売店に任せっきりにしてはいけません。

車購入の値引き交渉と同じように、愛車の下取りについても複数のお店を比べる事が重要です。

「でも面倒じゃない?」・・・その心配は不要です。

愛車を高く売りたい あなたをお助けする便利な仕組みがあります。 あなたは一度も出かけることなく、愛車の最高価格を知る事ができます。

その仕組みとは、カービューの愛車無料一括査定サービス。

たった3分の簡単入力で、あなたの愛車の査定額を、ガリバーなど複数の買取店が競争します。 あなたは1番を選ぶだけ。

買取店が真剣に競った「買取り査定」には、「クルマを購入する販売店の下取り査定」は、がんばっても及ばないかもしれません。

そんなときは、買取店にあなたの愛車をお願いしたほうがいいでしょう。 下取りをしないからといって、購入するクルマの値引きが変わるわけではないですから。

ちなみにカービューは日本最大の車買取・車査定ネットです。

カービューには常時、数百店規模の買取店が控えています。 例えば、ガリバーなど「人気の有名買取店」や、「輸入車や高級車に実績の多い買取店」、「海外の販路をもち低年式のクルマや過走行車も買取りする買取店」、「動かない事故車や水没車を得意とする買取店」、「地域に根ざした地域密着型の買取店」、などなど。 それぞれの買取店が特徴を活かして、あなたの愛車の査定額を競うので、きっとあなたの愛車に最適な買取店が見つかるはずです。

インターネットからできるので、出かける手間も不要です。 また万一予想外に査定額が低くても気まずい思いをしなくて済みますね。

これまで、どれほど多くの人たちが、愛車の本当の価値を知らないまま安く手放す失敗をしてきたことか。 気がつかないで愛車を手放した人が本気で悔しがってます。

「中古車の査定の比較ってこんなに簡単なの」と驚かれるほどです。 利用者はもう100万人。 クルマ買取査定の新定番です。

人気のカービューだけに、あなたと同じ車種で高価買取りを狙うライバルたちもいるはず。

最高の買取チャンスは、早く動いた者が持っていくのかも。 いつでもできるたった3分。 最初にあなたの愛車の価値を知ってからプランを考えるというのもアリです。


carview
↑ クリック! ↑
愛車の本当の価値がたった3分の簡単入力で! 数万アップはよくあること


あなたの愛車は本当はもっと高いかもしれませんよ。


(3)~(5)諸費用、オプション、プレゼント、減税・補助金など

諸費用のサービスは結構OKがもらえることも多いようです。クルマ本体の値引き交渉の後は、諸費用についてもサービスしてもらえるようお願いしてみましょう。

また、タイミングがよければキャンペーンやイベントなどにより、プレゼントやオプションがもらえたり・割安になったりすることもあります。抜かりなく営業マンに確認しましょう。

エコカー減税がすごく話題になりましたが、減税や補助金などは時期や条件によって異なってきます。対象になるか営業マンにしっかり確認しましょう。きっと喜んで教えてくれます。 ところ減税や補助金で得した気分になり、販売店の値引きと混同にしないように注意しましょう。

これら(1)~(5)まで見てきた中で、もっとも気軽に効果が期待できるのは(2)の「愛車の下取り額アップ」でしょう。

たった3分の手間で、気軽に調べられる愛車の価値だから。 一番最初に愛車の価値が分かれば、新しいクルマのプランももっと具体的にすすめられますね。 もしかしたら、グレードを上げたり、装備の追加が可能かも。

まずは、愛車の価値を調べてみてはどうでしょうか?



carview
↑ クリック! ↑
愛車の本当の価値がたった3分の簡単入力で! 数万アップはよくあること



新車購入と値引きにちなんだ情報

モデルチェンジ
モデルチェンジの時期は前のモデルの値引きチャンス。とはいえ、気になる新型の誘惑に負けずに旧モデルで納得できるかというところもポイントでしょう。購入時は良くても、時が経って新型モデルが普及したときを想像するとチョット抵抗があるかもしれませんね。

輸入車の値引き
輸入車は一般的に値引きされないようです。そもそも、輸入車を購入する人たちが、余裕のある人が多く、プレミア感が輸入車の売りでしょうから、値引きにそぐわないということもあるようです。ただ、ローン金利はビックリするくらい低い場合もあります。これも、輸入車を購入するユーザー層の信用度を反映したものなのでしょうか。

クルマ購入の時期
免許をとるとクルマが欲しくなります。免許をとるタイミングといえば、高校卒業前とか、大学生のうち。あるいは、社会人になって必要性を感じてなどでしょうか。あとはボーナス時期にもクルマが欲しくなる人も多いです。また、転勤や引越しを機にクルマが必要になる場合もありますね。

車庫証明
自動車を買うと考えないといけない書類の一つに車庫証明があります。車庫証明を自分で手続することで、代行手数料を節約するという方法があります。とはいえ、自動車の販売店としては手続が滞ることを嫌い、一緒にやってくれることもあるとかないとか。ちなみに、軽自動車の場合は車庫証明が要らない場合も多いですね。

カタログ請求
インターネットでカタログ請求もできます。販売店やメーカーなどへのカタログ請求がネットでできるのは便利ですね。時間に関係なく利用できるので、忙しくても関係なくカタログが手に入ります。車の検討にカタログもナシじゃつまらないですからね。気になる車のカタログを手に入れましょう。

Copyright © 2007-2012 値引き交渉&高価下取 W(ダブル)で安く!新車購入の3上手※カタログ・見積・下取. All rights reserved